読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨と弓

ヘタレ人生、貧乏神の七光り

事故被害者になったなら

事故 保険

バイクに乗り始めて、わずか4日で事故に遭いました。

バイクは事故が多いから危ない」?

否、あれはたとえクルマでも事故ってた。

 

バイクが危ないとするなら、それは基本的に「むき出しである」ということだろう。

僕も重傷を負ったが、事故の瞬間に負った怪我ではなく、その後相手のクルマに轢かれた傷だ。

 

4月に事故に遭い5ヶ月経過した今、実はまだ事故処理が完了していない。

事故処理にあたり、色々思うところがあり、すごく勉強させられた。

事故処理が完了したとき、詳しく書こうと思う。

 

ただひとつだけ、どうしても書いておかなければならないことがある。

 

「事故にあったなら、怪我は相手の保険屋に言え」

 

 

入院するにせよ通院するにせよ、怪我した箇所、痛い場所を医師に伝えるのは自然なことだ。

それに何の疑問も持たない。

ただし、医師に伝えてもすぐに治療してもらえないことがある

怪我の程度や全体の状況から後回しにされたり、様子見と判断されたりする場合がそうだ。

事細かにカルテに記入されていれば良いが、そうでない場合がある。

そんなとき、後で治療を申し出ても、相手保険会社から「事故との関連性を証明しろ」と、事実上不可能なことを要求されるのだ。

 

僕は事故処理にあたり、初めから弁護士を仲介して当たっていたが、その弁護士に言われた*1のが以下である。

 

「怪我は相手の保険会社に言わなきゃダメだ」

 

そんなん知るかよ!!

 

病院の記録には、医師がカルテに書いたものしか残りません。

医師に伝えてあろうが看護師に伝えてあろうが、記録に残らないものはないも同じ。

 

医師の「様子見ましょうね」という言葉に安心することなく、もれなく相手の保険会社に伝えましょう!!

*1:正直、そこを説得して交渉するのが弁護士だと思ってた