雨と弓

ヘタレ人生、貧乏神の七光り

NHKが提言した申告制に関して。

以前テレビのネット配信解禁のニュースに関し、NHK受信料に対する個人的な意見を書きました。

ネット配信解禁に対するNHKの発信は、解釈によっては「テレビ契約しておらずネット契約もしない人はネット配信を利用できない」というようにも捉えられました。

しかし今回の提言で(特に無回答は支払い対象とみなすあたり)やっぱりNHKは金の亡者だと再認識しました。

headlines.yahoo.co.jp

NHKはわかってる

NHKは散々「国民の理解を得る」と言っています。

それでが本意なら地道な改善をすべきですが、今回の提言は国民が理解せずとも受信料の支払いを求めることが可能になるもので、これまでの主張とは矛盾します。

どうしてこのような考えに至ったのでしょう?

それは、現状の体制で国民の理解を得ることが難しいということがわかっているからでしょう。

スクランブル等の実施で契約の自由を求める声があること。
番組内容や組織活動に対しての対価として見合わないという声があること。
天下りの受け皿としての機能に批判があること。
無駄の多すぎる集金システムに異議があること。

NHKはこんなこと、とうの昔からわかってる。

それでも、

スマホの発展でテレビ離れが進む現状
動画配信等でテレビ離れが進む現状
払うことが当たり前だった世代の減少
日本の人口減に伴う世帯数の減少

などが追い打ちをかける。

要望の対応なんてしたら致命的な収益減少につながることは明らかだし、現状を維持したとしてもこの先も安定した収益が得られるかすら危うくなってきている。

「インターネット配信」や「申告制」は、体制存続のためになりふりなんて構っていられなくなったのではないか?と僕は思います。

もはや時代にそぐわない体制

NHKはそれでも(公的には)受信料に依存しなければならない。

蛇足ですが、NHK子会社は普通にNHK番組等を販売したりコンサート等で収益を得ているのですが、おかしいと思うのは僕だけ?

テレビはスポンサーありきの無料放送が一般的だし、スマホゲームも広告ありきの無料が多い。検索サービスもそう。街頭で配られるティッシュだってそう。

有料のサービスはそれに見合った品質が確保されているし、消費者は対価を支払うか否かの判断が許されている。

月2000円あったら映画ドラマ見放題のサービスを1〜3契約できる時代は、NHKにはどのように映っているのだろう。

放送の内容は無料で見られるものと同じ程度。だけれども費用は、充実した専門サービスと同等か高い。

その理由は、ほとんどすべての地域が何らかの手段で情報取得が可能なこの国で、放送を行き届かせるため。

そんな時代に背き法に守られ法を変え、そんな体制を維持しようとすることに僕は理解し納得することができない。

公共放送業務を入札で決めるのはどうだろう

NHKがゴリ押ししなければ公共放送を維持できないというのなら、それが可能な企業を入札で決めるのは如何でしょう。
(特定の思想色が出るリスクはありますが、それはNHKだって同じだ)

もちろん受信料で成立する公共放送部門と広告収入で成立する一般放送部門とを混同しない条件で、「番組制作に必要な費用」を受信料として請求できる権利を与えられるかわり、公正な放送をする義務を負う。

NHKだって他局と同様、番組制作をしていて高品質を自称しているわけだし、入札できなければスポンサーを募るなり課金制にすれば良いだけの話。
(むしろ重荷だった公共放送の呪縛がなくなる?嘲笑)

その方が健全でいられると思うけど、どうだろうね。