雨と弓

ヘタレ人生、貧乏神の七光り

ハイレゾ環境について考えるメモ

音楽環境をHi-Resにしようと思い、色々調べていますが迷子中です。

蛇足

音楽を聴く。
単純な行為だけど、探ればとめどなく深い世界です。

良い音で聴くに越したことはないけれど、そこが難しい。
個人の感覚が違うから、模範解答のようなものがない。
結局、それぞれがそれぞれの聴覚を信じて、それ以上はスペックや宣伝を信じて進んでいくわけですが…

突き詰めていけば、多くの人はいつの間にか「音楽」ではなく「音」を聞いているような印象を覚えます。

けれど音楽を聴く本質はそこじゃないはず。
AMラジオのオーケストラにだって感動できる。
ど下手くそ(失礼)な母校の定演だって、CDにはない人間味を感じれて楽しめる。

音楽を聴く。
単純な行為だからこそ、根本で迷子にならないようにしないとね。

主な迷子ポイントは

  • Hi-Res音源で欲しい音楽が揃わない
  • 欲しいハードウェアが絞り込めない

というものでした。

とりあえず、全て満足して進むことはできなさそうなので無理やり駒を進めますが、アドバイスが欲しいところです^^;

 これまでの環境(ローレゾ)

  • DAC(~16bit/48kHz)
    nabe氏考案の回路図を借り、多少の変更点を加えた自作のUSB-DAC
    Hi-Resへの移行に興味がなかったのはコレのせい。良い音です。

    最近たまに接続が落ちる現象が発生するようになり、当初はコレの更新を考えていました*1

  • 音源(16bit/44.1kHz、AppleLossLess)
    CDからリッピングしたもの。
    最近Macのトラブル(ただし自己責任)によってデータを失った。再度リッピングしてもいいけど、どうせまっさらな状況ならばHi-Res化もアリ?

ハイレゾ環境を考える

購入した音源を聴くだけならばnabe氏が頒布している新型DACで事足りました*2

ただ新型DACラズベリーパイを介して再生するもので、その他音源も聞きたい要求にはあわなさそうです。

どうしてもUSB-DACが欲しいのですが、既製品は買う気にはなれません。
良い音を聞くのは嗜好の世界ですから、どうせならせめてこだわりの強い頒布品を選択したいところです。

自作(または頒布品を組み合わせたもの)を考える上で、DSDをどう扱うかを悩みました。
対応していることに越したことはありませんが、ぶっちゃけDSD音源は限られている。

DSDの利点は理解した上で、DSDを切り捨てても良いように思えました。

基本的な構想

DSDを切り捨てて自作方面で考えてみると、思わぬ選択肢が再浮上します。

msBerryDACをラズパイなしで動かせないでしょうか。
現在、これを主軸に考えています。

基本的にはCombo384のようなユニットと接続する方面で考えてみることにします。

ただ、僕はエンジニアでもない素人ですから、接続すべきSDAとSCLの処理に困ってしまいます。

目下のところ、この問題の解決方法を知ることが必要です。

時間はかかりそう

その他色々と問題はありそうです。
ひとつひとつ確認すると時間がかかりそう^^;

とりあえずイケそうだと踏んだなら、購入してみようかな?

*1:まだギリギリPCM2702は入手可能なようなので

*2:絶大なる信頼を置いています