雨と弓

ヘタレ人生、貧乏神の七光り

初心者 札幌近郊ツーリング(ソロ第2回)

仲間がつどわなかったので、ソロで出かけてきました。

当初予定していた最初の曲がり角を行き過ぎてしまい、そのまま目的地を変更して予定の2倍の距離を走行してきました。

(写真少ないので文章量多め、内容薄め)

今回の反省

はじめての山越えは誰かと一緒がいい

走行距離:220km (乗車経験累計:300kmくらい)

出だしの天気は晴れ。風も穏やか、気温も高すぎず低すぎず、なかなか最高のツーリング日和でした。

これまで真駒内までの道のりは何度か走行したことがありましたが、その先は一切が未知の領域です。

それでも気持ち良く走っていましたが

f:id:leiurus:20170521185911j:plain

トンネルを抜けると急に寒かったりしてビビりました_:(´ཀ`」 ∠):

他、トンネルの中に入ると速度感覚がなくなって怖かったり(極力平常心に努める)、車線中央部分に溝が彫ってありタイヤが取られそうで怖かったり(帰りは車の轍部分を走って回避)

下りの急カーブが死ぬほど怖かったり、皆さんお急ぎのようで+20~30kmが当たり前の速度環境にガクブルしたり(なかなか合流できん)

・・・・
先輩ライダーと一緒に来るべきだったっ・・・!!!!

嘆いても始まりません。
お家に帰るまでがツーリング。
最善を尽くしましょうb

 

 

自分の許容範囲内で必死に走り、峠を越えた頃には幾分か慣れてきていました。

あ、写真全然撮ってなかったorz

f:id:leiurus:20170521190942j:plain

尻別岳(?)と羊蹄山
羊蹄山にはいつか登りに行くんだ。

風が暖かくなったり冷たくなったりするのを感じながら、走る。
対向車線のダビットソンなイケメンが小粋に手振りで挨拶して来るのを、一生懸命返す。
シールドにビシバシ当たる虫たちを感じながら、走る。
袖から露出している手首に太陽をジリジリと感じる。

うん、こういうのがバイクの醍醐味なのかも。

 

 

ところで、この頃には結構肩凝ってた。

上のトンネルを抜けた先のコンビニで休憩はしたけど、ヘルメットってかぶり続けたら結構重たいんだな(ㆀ˘・з・˘)

ちょど小腹が減ってきたことだし、道の駅とか寄っちゃう?

f:id:leiurus:20170521191502j:plainf:id:leiurus:20170521191635j:plain

・・・時間早すぎて開店前とか(9時台前半)
んでも何かイベントがあるようで、設営と待ち列がありました。

待っていても良かったのですが、バイクが楽しくって先に進みたくて、食事は次の駅に持ち越すことに。

道の駅「ルスツ」は軽く散策して後にしました。

・・・・
せんせ、なんばしとっと・・・

f:id:leiurus:20170521192015j:plain

 

 

次の駅は「とうや」。
建物を取り忘れるという暴挙。

まぁ、「ルスツ」に比べると随分寂れた建物です(こら

んで、ここはホタテ汁があるらしい。
嬉々として入ると・・・

「営業時間11:00~」(現在時刻10時)

まじめにか_:(´ཀ`」 ∠):

f:id:leiurus:20170521192400j:plain f:id:leiurus:20170521192438j:plain

仕方ないのですぐに入手できたコロッケ2種購入。
洞爺湖を見ながら食べる。うまし(๑˃̵ᴗ˂̵)

鶯やらが鳴いていてすっごい長閑だったから録音もして見たけど、ここで披露する方法がわかりません^^;

 

 

ところで、腹ごしらえをしたらドッと疲れが出てまいりました。

帰ろうかなーと思いましたが、そういや近くに滝あったっけ。ということで行ってみることに。

f:id:leiurus:20170521193054j:plainf:id:leiurus:20170521193129j:plain

ところが折り悪くマラソン大会が開催されているようで、交通規制されていました^^;

「片側なら走れるよー」というおっちゃんの言い分を信じて進みましたが、給水所のスタッフとか見てくる見てくる。

あれ?通っていいんだよね?汗

で、ランナー登場。
一生懸命自分との戦いをしている戦士の横を、規制前の排ガスをまき散らしながら通行するのは気まずい!!!

ということでしばし観戦応援しておきました・苦笑
(もしかしたら上司出てるかもしれないし)

 

 

で、オチはこちら。

f:id:leiurus:20170521193553j:plain

行けんのかーーーーい!!!!
(おっちゃん、教えてくれ・・・)

頑張れば行けなさそうなこともなさそうな雰囲気でしたが、随所に散りばめられていた「地形不安定につき危険」「ヒグマ多出没」の看板に心砕かれましたorz

帰りはマラソンの進行方向に進むとランナーに追いついてしまうため、湖をぐるっと一周して帰ることに。

湖畔の走行は少し肌寒かったものの、交通量も少なく程よいカーブが続き楽しく走れました。

 

 

さて、帰路はもう疲れていて写真など撮る余裕はありません。

ひたすら「札幌まで○○km」の看板のカウントダウンを追いかけ続けます。

うまいことに比較的法定速度に近い運転をしてくださっているドライバーさんがいたので、結構楽に帰れましたb

 

走りながらポアッとツーリングに思いを馳せる。
晴れていて良かった。

と、思ったら。

市街地に入った途端吹き荒れる風。
自宅まで10kmを切った時点で降り出す雨。

少し話は逸れますが、僕には僕なりのルールがあります。

「夜間走行禁止」
「雨天走行禁止」
「少しでも危険を感じたら禁止」

というもの。

まぁ雨天走行は状況によっては仕方ないものでもあります。

今回も気合いで帰りたかった。
けれど、僕はまだ雨具を用意していなかった・・・!

よって知人宅に緊急避難。
しばらく雨宿りさせてもらったら日暮れ時刻になってしまい、バスで帰りましたとさ_:(´ཀ`」 ∠):

 

明日バイク取りに行かないと・・・

あとがき

実は今すぐにでも眠れそうなくらい疲れています。

こんなにも疲れるものだったなんて。
250ccという低排気量のバイクだからでしょうか(振動とか)

単純に体力の問題なのかもしれません。

初心者のうちは総距離100kmで、合間のスポット探索を充実させた方がいいような気がします。

ということで、来週は本来走るはずだった95kmのツーリングに行ってきます!