雨と弓

ヘタレ人生、貧乏神の七光り

リケーブルす

MDR-Z1000とMDR-1AM2の比較のため、いくつかケーブルを用意しました。

 

  1. 単結晶高純度無酸素銅

    f:id:leiurus:20190210140021j:plain
    Amazonで購入しました。

    安かったので本当に単結晶無酸素銅なのかは知りません。あと単結晶無酸素銅と表記されていましたがPCOCCとは無関係だと思われます。
    ケーブルは細く、きめ細かく編み込まれています。断線がちょっと心配。
    柔らかいのでケーブル自体にクセは付きづらいでしょう。

  2. 7N OFC

    f:id:leiurus:20190210140003j:plain
    素体をAmazonで購入、加工しました。

    安かったので本当に7N OFCかどうかは知りません。
    8芯が綺麗に編み込まれています(途中からは僕が編んだので乱れてます)
    非常に柔らかいケーブルなのでクセは付きづらいでしょう。

  3. PC-Triple C

    f:id:leiurus:20190210135944j:plain

    これだけ完全自作です。ケーブルの素性もはっきりしています。
    網は緩めの4組にしました。というかケーブルが固くて緩め以外の選択肢がありませんでした。
    非常に硬いケーブルでクセがつきやすいです。またタッチノイズも気になります。

  4. SONY銀コートOFC

    f:id:leiurus:20190210141634j:plain

    MDR-1AM2に付属していたケーブルです。
    一見4極ですがマイク付きケーブルなので、他の製品のようにGND分離を意識したものではありません。

これらをじっくり聴き比べてみようと思います。

現時点での情勢は 7N OFC > PC-Triple C >> 単結晶無酸素銅 >>> SONY銀コートOFC です。

って、この手の情報は聞き手に大きく左右されます。

このカテゴリは「プアオーディオ」です。聞き手の耳の状態はお察しください。